笑いは強運 頑福の最高のサプリメント!強運を引き寄せるために必要な「もの」は何か?私の独断と偏見で皆様にご紹介いたします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この「お言葉」は自分が中学生のころ読んだ本
ロマン・ローランの「苦悩の英雄ベートーヴェンの生涯」の中に出てくるのですが、この「お言葉」はベート-ヴェンが好んで用いていたようです。

皆さんご存知の通り、彼は耳の疾患によりほとんど耳が聴こえない状態で、運命と呼ばれる第五交響曲、年末に演奏される機会が多い通称第九と呼ばれる第九交響曲など数々の名曲を世に送り出しました。

この「苦悩をへて歓喜」は耳の疾患で音楽家という職業にとっては致命的な聴力を失うという 苦悩 を乗り越えて自らの運命を切り拓いていくという超人的な力を発揮してこの苦悩を音楽という歓喜へ昇華させていった様をありありと表わしていると私は感じています。

この「お言葉」のモチーフで作られている曲が当然彼の作品の中には多く、特に前述の運命はまさしく自分の運命に打ち勝つ姿が曲に表わされており、まさに彼の自叙伝的な曲になっています。

中学生のころ、この言葉の持つ重みを知ったとき、少々の苦しいことなどは、後からくる喜びの前段にすぎないと自分を励ましていました。

今が苦しいときであってもそれは後に訪れる至福の時だと考えれば
心も軽くなります。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://1ganfuku.blog14.fc2.com/tb.php/2-485bfbf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。